カンボジアの人材派遣会社ではいろんな要望に応えます

世界的に見ても安定した経済成長を続けている地域といえば、アセアンが挙げられますが、中でもカンボジアが気になるところです。

カンボジアの人材派遣について調べるなら、こちらをご覧ください。

ほかのアセアン諸国と比べて出遅れた感はゆがめませんでしたが、近年では確実に経済成長を続けていて、進出する日系企業数も前年比20%を超えるほどの勢いです。そこで、現地の日系企業への就職と日本へ外国人技能実習生として送り出す人材派遣会社に年々注目が集まっています。
カンボジア国内には首都プノンペンをはじめとして経済特区が定められていて、法人税などの税制優遇を受けられる地域があり製造業をメインとした多くの外資系企業が進出しています。
現地の会社でも日本の外国人技能実習生の受け入れに関しても、人材の確保は必須です。

そこで、人材派遣会社では外国人技能実習生の送り出しの際には、機関によって異なりますがおおよそ3〜6ヶ月、日本語やマナー研修を行なっていますので安心です。



テキスタイル産業が盛んなことでミシンを用いた仕事に従事していたひとも多く、コツコツと粘り強い国民性が人気の要因のひとつに挙げられます。

また、カンボジア国内では語学やビジネススキルだけでなく人柄も重用するなど、現地での人脈をフルに活用しよりよいスタッフを紹介できるようにマッチングを行なっています。同様に新規事業立ち上げや各外国語の通訳での実績もあり、物価はおおよそ日本の3分の1程度です。



一年中温暖で暮らしやすいこともあり、現地で働く日本人のための人材派遣や紹介も行なっています。